HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ CBX400F(1981年モデル)の基本情報

このクラスでホンダ初のDOHC4気筒エンジンを搭載した大人気モデル「CBX400F(NC07)」

カワサキのZ400FXの登場が大きなキッカケとなり、400ccのDOHC4気筒時代が幕を開けた。ヤマハ、スズキが追随する中、最後発となったホンダが市場に送り出したのが、1981年11月に発売された「CBX400F(NC07)」。今となってはオーソドックスに感じるデザインだが、当時としてはスタイリッシュで洗練されたフォルムが人気となり、瞬く間に大ヒットモデルとなった。だが、人気を支えたのはデザインのカッコよさだけではない、その中身も多くの人を魅了した。当時の先端技術が結集された1台だ。

新設計された空冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒エンジンの搭載は、ホンダとしてこのクラス初。最高出力は48ps/11,000rpmで、ライバルモデルを一歩リードした。リッターあたり120馬力と、スポーティテイストが楽しめるハイパワーエンジンだ。フロントフォークには世界初となるブレーキトルクセンサー型アンチダイブ機構(TRAC)、リアサスペンションには国内400ccのロードモデル初のプロリンク、量産車世界初の軽量中空アルミキャストリアフォークなどが採用された。ほか、特殊鋳鉄製ブレーキディスクを装備したインボードベンチレーテッドディスクブレーキ、軽量ブーメラン型スポーツコムスターホイールと軽量ワイドリムなどなど、特徴はその数を挙げていくとキリがないほど。

CBX400Fはネイキッドタイプだが、翌82年には日本初となるフェアリングを標準装備した「CBX400Fインテグラ」を発売。83年には型式は違うものの、CBXの名を冠したアメリカンタイプの「CBX400カスタム(NC11)」を発売。84年にはマイナーモデルチェンジを受けた「CBX400F」が登場した。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ