HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ CB650R(2019年モデル)の基本情報

大きすぎず小さすぎず、速すぎず遅すぎず。扱いやすいパワー感の、ミドルクラス新世代CB 「CB650R」

1970年代にヒットモデルとなった「CB400FOUR」を想起させるような、流れるラインで構成されたエキゾーストパイプを持つ、新世代CBシリーズのミドルクラスモデル「CB650R」。

この650ccという排気量、いわゆるミドルクラスのモデルだが、このあたりの排気量に対してなんとなく中途半端なポジションだと感じている人もいるのではないだろうか。ところが、実際に250ccクラスからリッターオーバークラスまでの様々なバイクに乗ってみると、日本で乗るには“ちょうどいい”と感じることが多々ある。250ccクラスとまではいかないが取り回しもラクであり、リッターオーバーのような圧倒的なパワー感とまではいかないが十分に強烈なパワー感もある。街乗りではギアをあまり変えなくてもスロットル調整で走ることができ、高速道路を使ったツーリングやワインディングでは中・高回転域を楽しむこともできる。つまり、どんなシチュエーションにも合うのだ。

このCB650Rは、新開発された水冷4ストロークDOHC直列4気筒を搭載した「CB650F」をベースに開発されたモデル。開発ワードは「都市のライフスタイルに興奮をMiddle Sports Roadster」。ピーク回転にかけて谷のない回転上昇フィーリングで、CB650Fよりも扱いやすさを高めるとともに、高回転域の出力向上も図られている。また、スリッパークラッチやHondaセレクタブル・トルク・コントロール(HSTC)が新採用され、操る楽しさをさらにプラス。このクラス未経験の人には、一度乗ってみて欲しい1台、それがCB650Rだ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ