HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ NC700X(2012年モデル)の基本情報

余裕のあるサスペンションストローク。オフ寄りの性格も併せ持ったモデル「NC700X」

「市街地走行やツーリングなどの常用域で扱いやすい」「快適で味わい深く燃費性能に優れたミドルクラスのモーターサイクルをお求めやすい価格で提供したい」という『ニューミッドコンセプト』に基づき、2012年に登場したのが「NC700S」「NC700X」「インテグラ」。この3モデル、見た目はそれぞれ違うのだが、エンジン、フレーム、ホイールが共通となっている。この中のクロスオーバーモデルがNC700X。

クロスオーバーモデルとは、「デイリーパフォーマンス=扱いやすいスポーツモデルの運動性能」「マルチライディング=ツアラーモデルの運動性能」「クロスオーバースタイル=スマート&タフで都会的な洗練さと冒険心をかき立てる力強さ」という、ホンダの『クロスオーバーコンセプト』をベースにしたモデルのこと。そのため、ネイキッドモデルのNC700Sに比べ、前後サスペンションともに余裕のあるストローク量(前:クッションストローク153.5mm、後:アクスルトラベル150mm)となっており、路面追従性に優れた走りができる。ゴリゴリのオフロードモデルではないが、ちょっとした荒れた路面なら難なく走り抜けられる。レーダーチャートでいびつなカタチになることなく綺麗な図形を描く、そんななんでもこなす優等生モデルがこのNC700Xだ。

3モデルに共通の669ccの水冷4ストローク直列2気筒エンジンは、低フリクション化を徹底的に追求。ピストンには樹脂コーティングが施され、ローラー式のロッカーアームには二輪車初の軽量アルミ素材を採用。ボア×ストロークは73mm×80mmで、バルブタイミングも最適化。さらにはPGM-FIも組み合わされ、NC700Xの燃費は60km/h定地走行テスト値でリッターあたり41.0kmという環境性能を実現している。また、270°位相クランクによる不等間隔爆発と1軸1次バランサーの採用で、振動を抑えながらも鼓動感のあるエンジンに仕上がっている。

高い燃費性能は、積載能力にも恩恵を与えている。小型化された燃料タンクはシート下に配置。一般的なバイクの燃料タンク部はラゲッジスペースとなっており、容量は21リットルなので、小物類だけではなくフルフェイスヘルメットの収容も可能。バリエーションモデルとして、ABSを搭載した「NC700S」も用意された。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ