HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

スズキ V-Strom1050XT(2020年モデル)の基本情報

電子制御システムの充実で、誰もが“冒険の達人”になれる「V-Strom1050XT」

2020年、「The Master of Adventure(冒険の達人)」を開発コンセプトにした「V-Strom1050」「V-Strom1050XT」が登場した。いずれも電子制御システムであるS.I.R.S(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)が採用されているが、中でもそれが充実しているのはV-Strom1050XT。

V-Strom1050XTに採用されているS.I.R.Sにおける電子制御システムの数は、V-Strom1050の倍の10におよぶ。いくつか紹介すると、3つの中から出力特性が選択できる「SDMS(スズキ・ドライブ・モード・セレクター)」、3段階から選べて解除も可能な「トラクションコントロールシステム」、スムーズな発進を補助する「ローRPMアシスト」、上り坂で停止後の発進時に車両の後退を抑制する「ヒルホールドコントロールシステム」、下り勾配に応じてABSの制御を最適化する「スロープディペンデントコントロールシステム」などだ。

ほかにも、高さ調整のできる「ウインドスクリーン」、「テーパーハンドルバー」「USBソケット」「シート高調整機能」など、装備面も充実。

エンジンは水冷・4ストローク・V型2気筒で、最高出力106PS、最大トルクは10.1kgf・mを発生。低中速での力強さが特長で、街なか、高速道路、山岳路など道を選ばず、車両重量247kgのボディをやすやすと加速させていく。

電子制御システムや装備の充実、低中速に強いパワフルなエンジン。V-Strom1050XTにまたがれば、開発コンセプトそのままに、誰もが“冒険の達人”になれるのだ。

  • このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中のスズキ V-Strom1050XT

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

スズキ

カワサキ

カワサキ