HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ スティード400の歴史

/1988年

アメリカンスタイルのスポーツバイクとして誕生。ハンドルバーは「ティラーバー(引きぎみ)ハンドル」と「フラットバーハンドル」の2種類を設定。

/1990年

2種類のカラーリングを一新。(センシティブブルー、ブラック)シートバック(背もたれ)を標準装備。(フラットバー・バーは受注生産となる)

/1992年

2種類のカラーリング変更(キャンディーワインベリーレッド/ブラック、パールアルテールホワイト/センシティブブルーメカニック)

/1993年

タンクを大容量化(9L→11L)カラーリング変更(キャンディーワインベリーレッド/ブラック、ブラック/センシティブブルーメタリック)

/1995年

「VSE」を新たに追加!そしてシーシーバーのついた豪華な「VLX」とシンプルな「VCL」と分ける。エンジンを見直しパワー&トルクアップ。(30ps/7500rpm→31ps/7500rpm・3.3kgm/5500rpm→3.4kgm/5500rpm)

/1998年

個性的なスタイルのスプリンガー・フォークを採用した「VLS」、ベーシックモデルの「VLX」を発売(従来の「VCL」と「VLX」を統合し、「VLX」となった。)

/2001年

マイナーチェンジ。排ガス規制に対応するため「エアインジェクション・システム」を採用。また、ワイドハンドルを採用し、盗難防止に効果的な「イモビライザー」がオプションで用意された。
  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.