HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ CBX250S(1985年モデル)の基本情報

車両重量、わずか127kg。乗る人を選ばない250cc単気筒「CBX250S」

足つき性が悪い。これは、たんにシート高が低ければ解決するというものではない。シート部分の幅も大きく関係してくる。だから、シート高750mmよりも780mmのほうが実際には足つきが良い、ということが起きたりする。では、「CBX250S」のシート高760mmはどうか。単気筒エンジン搭載のスリムなボディと、それほど高くない元からのシート高が相まって、かなり足つき性は良い。小柄な人だと、両足のかかとがべったり着くことはないかも知れないが、安心感の持てる高さだと感じられるのではないだろうか。

重い。重さを感じるバイクだと、ちょっとしたふらつきでも倒してしまうことがある。これも、車両の重量バランスによって感じ方が変わるので、軽ければいいと一概には言えない。では、CBX250Sの車両重量127kgはどうか。リッタークラスのバイクに乗っている人だと「原付一種?」と思うほどの軽さではないだろうか。小柄で非力な人でも不安感はほとんどないはず。

足つきと重さ。この2点は、小柄な人や非力な人にとって、バイク選びの際にかなり大きなウェイトを占めるポイント。その両方に合格点をあげてもいいと思えるバイクが、1985年に登場したCBX250S。

シンプルでクセのない車体デザイン。最高出力28PSの、必要にして充分なパワーを持つ空冷4スト単気筒エンジン。リッターあたり50kmの、地球と財布に優しい燃費性能。高速域での疲労を軽減してくれるフェアリングなどなど、CBX250Sの魅力は足つきや軽さ以外にもたくさんある。何かに特化したバイクではないのでインパクトには欠けるものの、普通に乗って楽しめる、CBX250Sはそんなバイクだ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

カワサキ