HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ VTZ250(1987年モデル)の基本情報

バイク便やプレスライダーがこぞって乗った「VTZ250」

パッと見、何の変哲もない一般的なモデル「VTZ250」。水冷4ストロークV型2気筒エンジンを搭載し、最高出力は43PS/12,500rpm、最大トルクは2.5kg-m/10,500rpm。このクラスでV型エンジンは主流ではないが少ないわけでもなく、パワーやトルクも飛び抜けているワケでもない。しかし、バイク便やプレスライダーなど、プロのライダーたちに多く選ばれていたのがこのVTZ250。

その理由は、なんといっても、扱いやすさ。前モデルの「VT250Z」から8kg軽量化され、車両重量は144kg。ハンドルは低すぎず高すぎず、遠すぎず近すぎず、シートに座って自然に腕をおろすと、そこにグリップがある感じだ。ハンドルの切れ角も充分で、小回りもしやすい。ライディングポジションやパワーは至って普通で、何かに特化した特性でもない。それが逆に、何でも使えるというオールマイティな性質につながっている。

前後ホイールは軽量・高剛性のS字断面構造アルミ製キャストホイール。フレームは、見た目の押し出しの強さはないが軽量・シンプル・高剛性のツインチューブフレーム。フロントブレーキは大径ディスク。ちょっとその気になれば、それなりのペースで走ることだってできる。価格も当時のレプリカ勢と比べると15万円前後も安く、それも選ばれる一因でもあった。近頃は、シティコミューターというとビッグスクーターが注目されがちだが、多くのプロが選んだVTZ250もシティコミューターとしての素質は充分だ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ