HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ CBR250FOUR(1986年モデル)の基本情報

見た目、カジュアル。走り、ガッツリ系のスポーツテイスト「CBR250FOUR」

1980年代後半、250ccクラスは2ストモデルと並び、4ストのいわゆるクォーターマルチも大人気を博していた。当時を知らない人でも、CBRやFZR、ZXRやGSX-Rの名前を一度は聞いたことがあるだろう。その中の1台が、ハーフカウルをまとって1986年に登場した「CBR250FOUR」。翌年には、「ハリケーン」のペットネームを持つフルカウルモデル「CBR250R」が登場。短命なモデルとなったため、タマ数はそう多くはない。

ハーフカウルで、代表的なカラーがホワイトをベースにしてブルーを配した爽やか系。カジュアルな雰囲気を醸しているが、走らせると、これがなかなかのガッツリ系のスポーツテイスト。このクラス初となるカムギアトレーンを採用した、水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載。レッドゾーンは17000回転からという、超高回転型。エンジン音は金属成分の多い、独特なサウンド。フレームは目の字断面構造を持つ、軽量・高剛性のアルミフレーム。S字断面のキャストホイールには扁平タイヤが組み合わされ、ちょっとした腕を持っている人ならば、ワインディングで上のクラスのレプリカモデルさえも余裕でカモれるほどの性能を持っていた。

その反面、シートはレプリカのようなシングルシート形状ではないので、タンデムしても窮屈さはない。また、路面追従性の高いサスペンションによって、流して走るのも快適。攻めてよし、のんびり走ってよし。バイクにせかされることなく、思い通りのライディングが楽しめるモデルだった。登場して30年以上が経つが、今も色あせることなく楽しめる1台だ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ