GPZ400Sの歴史|No:106||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) GPZ400S

historyfileNo:106

GPZ400Sの歴史

1984年

GPZ750/GPZ900R

兄弟モデルであるGPZ750RとGPZ900R。誰もが認めるカワサキの名車のひとつ。水冷4気筒エンジンは、前半分がスチール、後ろ半分がアルミのダイヤモンドフレームに搭載される。カムチェーンを左側に寄せたコンパクトなエンジンはストレート吸気ポート。GPZ900Rは最高出力115馬力で、最高速250km/hまで引っ張った。

1985年

EN400ツイン

GPZ900Rニンジャの4気筒を半分にしたような、新開発の水冷DOHC4バルブツインエンジンを搭載。輸出モデルとして454LTD(1984年)があった。駆動はスムーズで静粛なベルトドライブを採用。1988年には最高出力を45psから43psに下げ、実用域での乗りやすさ、扱いやすさを向上させた。

1985年

GPZ250R

GPZ400Sと同様、水冷ツインエンジンを搭載し、同時期に発売されたモデル。250cc、400ccクラスともに水冷ツインを投入しているところに、カワサキのこだわりが見え隠れする。GPZ250の空冷ツインに対し、新設計の水冷DOHC4バルブツインエンジンを搭載。フレームはスチールパイプとアルミダイキャストのダイヤモンドフレーム。

1986年

GPZ400S

EN400と同じ水冷ツインエンジンを搭載。ツインチューブタイプのフレームに前後16インチタイヤを装着。1988年には、アンダーカウルを装備し、ウインカースイッチがプッシュキャンセル式に。GPZ400R(1985年)、FX400R(1987年)、GPX400R(1987年)、ZX-4(1988年)など、人気の高い4気筒(マルチ)モデルに押され、短命に終わった。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示