TZR125の概要|No:114||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) TZR125

historyfileNo:114

125ccクラスのスポーツモデルの中でも高いポテンシャルを秘めた「TZR125」

RZ125(1982年5月)で、125ccクラスに確固たる地位を築いたヤマハ。その後のRZ125S(1983年4月)、RZ125(1985年4月)でも人気が薄れることはなかった。高いポテンシャルでサーキットにおいても無敵の存在だったが、さらに進化、発展して登場したのがTZR125(1987年4月)だ。RZ125に比べ70%の剛性アップが図られたスチール製デルタボックスフレームに、YPVS装備のクランケースリードバルブエンジンを搭載。TZR250(1KT)と共通のピストン、ピストンリング、コンロッドを採用し、パワージェットを装備したVMキャブの効果もあって、シャープでピックアップ特性の優れた出力となっていた。湾曲した独特の形状のエキパイ部を持つ、レーサータイプのチャンバー一体式マフラーが当時としては特徴的だった。

イタリア・ベルガルダヤマハ製のフルカウルを装備したTZR125が500台限定で発売されたのが1988年2月。ヨーロッパ向けにラインナップされていたモデルで、TZR250同様のスタイリッシュな外観が人気となり、この年の11月には2度目の500台限定販売が行われたほどだった。

翌1989年にはマイナーチェンジ(3TY)。フロント17インチ、新パターンのチューブレスタイヤ、ワイド化された中空キャストホイールを採用。ジオメトリーの変更等を受け、安定したハンドリング特性となった。フロントブレーキはディスク径が245mmから267mmに大径化し、キャリパーもサイズアップ。同時に、リア側がディスク化された。エンジン自体のパワーアップはなかったものの、CDI点火に変更され点火時期を正確に検知。排気タイミングのコントロール精度を高め、広域で有効的にパワーを使える特性となった。車体・エンジンをトータルして、扱いやすさを熟成させたといってもいいだろう。125ccクラスの低迷で、1990年代半ばには姿を消したが、常にライバル車の一歩先を行く存在だった。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示