ジェイドの概要|No:190||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) ジェイド

historyfileNo:190

自然体で楽しめるベーシックなネイキッド「ジェイド(MC23)」

1990年に先行して登場したバンディット250(GJ74A)に続き、1991年は多くの250ccネイキッドが登場した年で、ヤマハはFZR250R(3LN)をベースとしたジール(3YX)、カワサキはZXR250(ZX250C)をベースとしたバリオス(ZR250A)を発売している。そんな中、ホンダがCBR250RR(MC22)をベースとしたネイキッドとして登場させたのがジェイド・JADE(MC23)だ。ホンダの250ccネイキッドというとホーネット250・HORNET250(MC31)の印象が強いかもしれないが、元祖はジェイドだ。

CBR250R(MC17・MC19)をルーツとしたCBR250RRベースのカムギヤトレーン方式エンジンを搭載。超高回転型と言われた45ps/15000rpm、2.5kg-m/12000rpmから40ps/14000rpm、2.4kg-m/11000rpmとやや低中速寄りにリファインされ、4into1マフラーとも相まって、常用域での扱いやすさを向上させている。デザインや装備は実にベーシックなもので、特筆すべき特徴がないのだが、これがジェイドの懐の広さを表しているとも言える。誰でも気軽に乗れ、かつ、レプリカのように構えることなく自然体でスポーツ走行も楽しめるのだ。

そんなジェイドも1992年にはツートーンカラーでスポーツ性を強調した「ジェイド/S(スラッスエス)」を追加。1996年にホーネット250が登場するまで、大きな変更もなくラインアップした。少々個性的となったホーネット250に対して、ジェイドはスチール製丸パイプフレームやバイアスタイヤなどオーソドックスなスタイルだが、ジェイドの語源である宝石のヒスイと同様に、所有し、乗り込む程に愛着がわき、味が出てくるモデルと言える。400ccクラスほどバリエーション豊富ではない250ccのネイキッドの中でも、飽きずに長く付き合えるバイクではないだろうか。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示