NZ250の概要|No:208||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) NZ250

historyfileNo:208

油冷シングルのオーソドックスなロードスポーツ「NZ250(NJ44A)」

1984年のヤマハSRX250・SRX250Fに始まり、1985年のカワサキCS250(BR250A)とシングルのオンロードモデルが次々と登場した1980年代半ば。他メーカーから少々出遅れて登場したのがスズキNZ250・NZ250S(NJ44A)だ。SACS(スズキ・アドバンスド・クーリング・システム)を採用した油冷DOHC4バルブエンジンを搭載し、水冷のCS250に迫る33ps/10000rpmを発生。シングルとしてはパワフルで、ロッカーアームを介さない直押しタイプで、高回転域でも正確なバルブタイミングを得られた。

エンジン性能はライバル車を上回るものだったが、その他は実にオーソドックス。落ち着いた外観に、ホイールはキャストではなくGB250クラブマンと同様のスポークホイールで前後17インチ。フロントこそディスクブレーキだが、リアはドラムだ。同時期にラインアップしていた水冷4気筒45psのGF250・GF250Sはキャストホイール&前後ディスクブレーキだったことを考えると、NZ250がライトユース向けのコンセプトだったことが伺える。

1980年代後半からはレーサーレプリカ全盛となり、絶対性能が劣るシングルモデルの人気は低迷。1992年に「新たなシングル」としてグース250(NJ46A)とグース350(NK42A)が登場するものの、それまでの間、NZ250が人気車種とはならなかった。しかし、今となってはグラストラッカー(NJ4DA)やST250(NJ4CA)といったシングルモデルが250ccクラスのメイン。そう考えると、NZ250のようなロードスポーツ、シングルネイキッドが登場してもおかしくはない。現代に通用する過去の隠れた名車と言ってもいいだろう。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示