NV400SPの概要|No:210||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) NV400SP

historyfileNo:210

400ccVツインスポーツモデルのルーツといえる「NV400SP(NC15)」

VT400S(NC46)のようなVツインのロードスポーツモデルをさかのぼってみると、同系エンジンのルーツでもある1983年のNV400SP(NC15)に辿り着く。ちょうどこの頃は、空冷4気筒のCBX400F(NC07)、V型4気筒のVF400F(NC13)、ツイステッドVツインのCX400ユーロ(NC08)と、400ccクラスはバリエーションに富んだラインアップとなっていたが、NV400SPが加わったことで、さらに選択する楽しみが増えたというわけだ。アメリカンのNV400カスタム(NC12)と同じ空冷Vツインエンジンは、吸気2、排気1の計3バルブ方式&ツインプラグ仕様で、44PS/9500rpmを発生。位相クランクを採用し、バランサーなどを使わずに振動を低減した。

スタイリングはVF400FやCX400ユーロとよく似ており、角ライト&ミニカウル(ビキニカウル)とした、当時で言うヨーロピアンスタイル。ブーメラン型アルミコムスターホイールも同様の装備で、さらに、フロントブレーキにはVF400Fと同じインボードディスクを採用。リアはシャフトドライブ、ツインショック、ドラムブレーキとやや落ち着いた内容だが、Vツインのスリムで軽量な車体のおかげで、かなりのスポーツ走行もこなす性能を誇った。

激戦区の400ccクラスの中で、NV400SPはそれほど目立つこともなく、ロードモデルとしては1998年のブロスプロダクト1(ブロス650)、プロダクト2(ブロス400)へ、アメリカンモデルとしてスティード600、スティード400へとVツインが受け継がれていくことになる。それよりも前に、オフロード・ツアラーのトランザルプ600Vにも同系エンジンが採用されており、実に懐が深いパワーユニットなのだ。その先駆けとなったNV400SPは、今となっては入手困難かもしれないが、Vツインスポーツの荒削りな面白さが隠されているはずだ。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示