RF400RVの歴史|No:249||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) RF400RV

historyfileNo:249

RF400RVの歴史

1991年

バンディット400V(GK75A)

1989年に登場したバンディット400(GK75A)。バリエーションモデルとしてロケットカウルのバンディット400リミテッドもラインアップしていた。さらに、可変バルブ機構を備えたVCエンジンのバンディット400Vとバンディット400Vリミテッドも1991年に追加される。9000rpm前後でバルブが切り替えられ、低中速域のトルクを太くし、かつ、高速域の伸びやパワフルさを実現している。このような「スポーツ性を重視したネイキッド」の流れは後に他モデルへも広まっていく。1995年にモデルチェンジしたバンディット400(GK7AA)にももちろんVCエンジンモデルはラインアップし、1999年にはホンダのCB400SFも「HYPER VTEC」エンジンを搭載した。バンディットのVCエンジンがバルブタイミングを変更するシステムとは少々異なり、低速で2バルブ、高速で4バルブとバルブ作動数を切り替えるシステムになる。

1994年

RF400RV(GK78A)

1993年3月に登場したRF400R(GK78A)。翌年にはVCエンジンを搭載したRV400RV(GK78A)が4万円高で追加された。バンディット400V(GK75A)にも採用された可変バルブのVCエンジン(バリアブル・バルブ・コントロール)は、バルブタイミングをコントロールすることで低速域の厚さと高速域の伸びを両立。RF400VはディスクローターのレッドがVCエンジンの証しとなる。その他のダイヤモンド型スチールフレーム、φ41mm正立フォーク、フロントφ290mmフローティングローター+2ポットキャリパー、リアがφ240mmローター+対向ピストンキャリパーのブレーキ、前後17インチホイール、スラントノーズのアッパーカウルと、印象的なエアアウトレットのサイドカウル、カウル内側の小物入れ等の装備はRF400Rと共通。同じツアラーとしてZZ-R400(ZX400N)がライバルだが、RF400RVの方が先に生産終了となる。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示