ドラッグスター250の概要|No:062||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) ドラッグスター250

historyfileNo:062

「ロー&ロング」の個性的なスタイルで人気のあるアメリカン

ビラーゴの後を受け継いで「ロー&ロング」をコンセプトに造られた、ワイルドなフォルム・粘り強いトルクフルな走りで大人気のアメリカン。ロー&ロングのお大柄なボディにスポーティな走行性能、Vツインならではの心地よい鼓動感と排気サウンドなどで人気をを呼び、ベストセラー機種となった。

’96年にXV400ビラーゴのエンジンを積んで「ドラッグスター」として400ccモデルからはじまり、「XV535ビラーゴ」のエンジンをボア・ストロークUPし積んだ「XVS650ドラッグスター」、クラシックな感じの外観を強調した「ドラッグスター・クラシック」、XV1100ビラーゴをベースにXVS650ドラッグスターの外観をそのままに具現化した「XVS1100ドラッグスター」、XV250ビラーゴのエンジンをベースにした「ドラッグスター250」、125ccの好評なヨーロッパ向けに「XVS125ドラッグスター」等、シリーズも豊富である。

DRAGSTARシリーズの名に恥じない迫力をもつ、BIGクォーター・アメリカン。

兄貴分である「DRAGSTAR」や「DRAGSTAR1100」達に見劣りしない迫力を持つロー&ロングのフォルムを継承したクォーター・アメリカン「DS250」(ドラッグスター250)。XV250ビラーゴをベースにモデファイした空冷Vツインエンジンは、排ガス規制に適応しながらも走りの性能にもこだわっており、スロットルポジションセンサーやサイレントカムチェーンの採用など最新の技術を投入している。

外観はクラシカルな感じの仕上がりで、随所にメッキ部品が使用されており、迫力の有る外観とあいまって高い質感を実現。小さいながらもまさに「DARGSTAR」シリーズの名に恥じないスタイルと性能を併せ持っている。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示