XV250ビラーゴの概要|No:170||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) XV250ビラーゴ

historyfileNo:170

当時、250ccクラス唯一のVツインアメリカン「XV250ビラーゴ(3DM)」

ビラーゴシリーズの歴史はXV750スペシャルの後継モデルとして登場した1984年のXV750ビラーゴから始まる。1987年にはXV400スペシャルから進化したXV400ビラーゴが登場し、イージー、コンフォータブル、トラディショナル、パワフルといった共通コンセプトのもとに、現代のVツインアメリカンに通ずるスタイルを提唱した。この頃、後に爆発的人気となったスティード400はまだ登場しておらず、ヤマハが一歩先を行く形となっていたわけだ。この状況は250ccクラスでも同様で、1988年のXV250ビラーゴはクラス唯一のVツインアメリカンとして登場した。

1985年のレブルは空冷並列ツイン、1987年のエリミネーター250は水冷並列ツインでドラッグスタイルと、VツインのXV250ビラーゴが最もアメリカンらしいアメリカンモデルと言える。新設計となった60度Vツインは超ロングストロークで、250ccとしては低い6000rpmで最大トルクを発生する低中速寄りの設定だ。エンジン・吸排気系の外観にも気を配り、後方シリンダーから伸びるエキパイはダミーで、マフラーの曲線を重視したデザイン。XV400ビラーゴのようにタンクはダミーではないが、エアクリーナーはダミーとなっており、兄貴分と共通のスタイルを実現している。

80年代後半から90年代はレプリカからネイキッドへとシフトしていく時期で、アメリカンのライバル競争はそれほど激化しなかった。その証拠に、Vツインマグナが登場する1994年まではXV250ビラーゴの独壇場で、フラットとプルバックの2種類のハンドルを選択できることや、高級感あるスペシャル仕様の追加など、400ccクラス以上のアメリカンでは持て余してしまうというライダーでも気軽に楽しめるモデルとしてラインアップした。2000年にドラッグスター250へとスイッチするまで現役だったことを考えると、実に息の長いモデルだったことが分かる。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示