D-TRACKERの概要|No:077||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) D-TRACKER

historyfileNo:077

他に先駆けて、いち早くモタードモデルとして登場したのが「Dトラッカー(LX250E)」

「スーパーモタード」。オフロードタイプからの派生モデルではあるが、新たなストリート系としてのポジションも定着してきたことから、近年各社がラインナップを充実させてきているのはご存知の通り。ホンダのXR250モタード(MD30)、XR400モタード(ND08)、ヤマハのXT250X(DG17J)、WR250X(DG15J)、スズキのDR-Z400SM(SK44A)などに加え、外国車を含めれば、大排気量モデルまで幅広くラインナップしている。また、小排気量車でも、XR50モタード(AD14)、XR100モタード(HD13)があり、カワサキがいち早く提唱した元祖ミニスーパーバイカーズKS・KSRシリーズの現行モデルKSR110(KL110A)と、以外にも選択肢の幅が広いのだ。そんな状況をカワサキは予測していたのか、1998年にKLX250(LX250E)をベースにモタードカスタムを施して登場したのがDトラッカーとなる。

キック始動で倒立フォークのKLX250SR、セル始動で正立フォークのKLX250ESがモデルチェンジでKLX250に統合され、それをベースとしたDトラッカーは、φ43mmの倒立フォークやセル始動、60/55Wのヘッドライト、多機能デジタルメーターなどの装備は同じ。前後ホイールを17インチに小径化し、幅を95mm詰めたハンドルを装着するなど、オンロードでの走行を快適にする変更が施されている。2001年には触媒と二次空気導入機構を組み合わせた排ガス浄化システムKLEENを装備、2004年には外装の形状変更とリアのリムをワイド化といったマイナーチェンジを受ける。レースシーンでは空冷のXR250モタードに対してアドバンテージがあり、高い戦闘力を見せつけている。排ガス規制の影響で継続ラインナップが心配されたが、2008年、インジェクションの搭載でフルモデルチェンジしたDトラッカーXに生まれ変わった。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示