ゴリラの概要|No:085||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) ゴリラ

historyfileNo:085

モンキーの「遠乗り仕様」として登場した 【ゴリラ】

'78年、「HONDAのレジャーバイクシリーズ」として生まれた「モンキー」の兄弟車。共通の車体にマニュアルクラッチ、4速ミッション(モンキーは3速)、9リットルビックタンク(モンキーは5リットル)に大型シート、前後キャリヤ、ブラックマフラーを装備して誕生。モンキーを「遠乗りできるように」と改良されたモデル。’85年にはモンキーとともにマイナーチェンジ。モンキーと共通の新型エンジンを搭載して最高出力が向上(2.6PS/7000rpm→3.1PS/7500rpm)となり、燃費も向上(30km/h定地走行テスト値で70km/L→90km/L)している。また、ヘッドライト、ホーン、ウインカーのスイッチを左ハンドルに集中配置された。

その後、'90年には一度生産を中止したが、'98年に復活。エンジン特性は低中回転での扱いやすさと高回転でのスムーズさも兼ね備えており、そのほかMFバッテリーやオートカムチェーンテンショナー、12VCDI式マグネット点火方式の採用など、形は旧モデルをドレスアップした感じで、さして変わりは無いが中身はかなり進化している。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示