HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

カワサキ バルカン400の歴史

バルカン400(EN400B)/1990年

バルカンと言うと1995年以降のVツインモデルが印象強いが、EN400ツイン(EN400A)の後継車種として登場したこのモデルが、400ccクラスの「バルカン」の名のスタートとなる。基本構成はEN400ツインと同様で、GPZ900Rニンジャの4気筒エンジンを2分割した並列2気筒エンジンを搭載(ハーフニンジャとも呼ばれた)。ベルトドライブ、極端な段付きシート、ティアドロップタンク、プルバックハンドル、キャスホイールといった装備は、1980年代のアメリカンモデルそのもので、同時にラインアップしていたドラッグスタイルのエリミネーター400の方に人気が集中していた。EN400B型のバルカン400は1993年モデルまで。1994年にはEN400に車名を変更した。

バルカン400(VN400A)/1995年

バルカン800(VN800A)のボアを小さくし、400ccにスケールダウンして登場。標準のブルバックハンドルに加え、フラットハンドルの「?」もラインアップした。翌年には、フロント16インチ&ファットタイヤ、前後ディープフェンダーの「クラシック」を追加。スタンダードモデルは1998年モデルまでとなり、1999年には「流れ漂う人」の意を持つ「ドリフター」が登場。前後16インチのクラシックをベースに、スーパーディープフェンダー、砲弾型ライト、サドルシートといった1940年代のデザインとなった。ドリフターは2002年モデルが最後、クラシックの2003年モデルでバルカンシリーズが終了となり、カワサキ400ccクラスのアメリカンが消えることになる。
  • このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング