HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

スズキ TL1000Sの歴史

TL1000S(VT51A)/1997年(平成9年)

フューエルインジェクションを採用した水冷90度Vツインエンジンは、低回転では吸入負圧+エンジン回転数、高回転ではスロットル開度+エンジン回転数からコンピューターによって理想的な混合気量を供給する。また、新気導入ダクトSRAD(スズキ・ラム・エア・ダイレクト)の採用で性能の安定化も図っている。軽量、高剛性のアルミ製トラス構造のダイヤモンドフレームに、GSX-R750と同サイズのφ43mm倒立フロントフォーク、リアには独創的なロータリーダンパーを採用。1998年にはスーパーバイク参戦を意識したTL1000R(VT52A)も登場。TL1000Sをベースとしているが、別物と言ってもいい程の仕上がりとなっている。もちろん、ライバルはホンダのVTR100F(SC36)やVTR1000SP-1になってくるが、エンジン配列で見ればドゥカティやアプリリア等もターゲットとなってくる。

SV1000S(VT54A)/2003年(平成15年)

TL1000Sとは異なるアルミトラスフレームに、ギヤ駆動とチェーン駆動を組み合わせたセミカムギヤトレインによりコンパクトなシリンダーヘッドを実現した、水冷90度Vツインエンジンを搭載。φ52mmスロットル+FIに各気筒ふたつのスロットルバルブを装備する「SDTV」でリニアなレスポンスを実現。排気ポートに新気を導入する「PAIR」も装備した。足回りは倒立からφ46mm正立フォークに変更され、リアはボトムリンク式モノリアサス。ホイールは3.50-17/5.50-17。2005年にはカウルレスのSV1000が廃止され、ハーフカウルのSV1000Sのみに。シートレールをスチールからアルミに変更し、シート高を10mm下げた。エンジンは圧縮比を11.3から11.6にアップ、スロットルボアをφ52mmからφ54mmに拡大、カムタイミングとリフト量を変更した。メーターには燃料残量1.4リットル以下で点灯する燃料警告灯も新たに装備し、フレームはブラックに塗装され引き締まった印象となった。2007年に終了。
  • このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.