HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

カワサキ バルカン400クラシック(VN400A)の歴史

バルカン400(VN400A)の歴史/1995年

1995年バルカン400(VN400A)並列ツインのバルカン400(EN400B)とは全く異なり、バルカン800(VN800A)のVツインのボアを小さくし、400ccにスケールダウンして登場。標準のブルバックハンドルに加え、フラットハンドルの「?」もラインアップした。フロント21インチ、リア16インチホイール、段付きダブルシート、タンク上に配されたメーター等、当時のライバル車よりもアメリカンらしさを強調した。翌年には、フロント16インチ&ファットタイヤ、前後ディープフェンダーの「クラシック」を追加。スタンダードモデルは1998年モデルまでとなり、1999年には「流れ漂う人」の意を持つ「ドリフター」が登場。前後16インチのクラシックをベースに、スーパーディープフェンダー、砲弾型ライト、サドルシートといった1940年代のデザインとなった。ドリフターは2002年モデルが最後、クラシックの2003年モデルでバルカンシリーズが終了となり、カワサキ400ccクラスのアメリカンが消えることになる。

1996年 バルカン400クラシック(VN400A)の歴史 /1996年

水冷SOHC55度のVツインエンジンは、ボア×ストローク=62×66.2mmというロングストロークで、わずか4500rpmで最大トルクを発揮。ゆったりした走りに向いたあらゆる回転域で余裕のあるトルクを生み出す特性となっている。加速ポンプ付きφ32mmCVKキャブによりスムースで力強いレスポンスも実現。バランサー搭載で不快な振動を抑え、ふたつのシリンダーのコンロッドを同軸としたクランクや大型フライホイールの採用によって、溢れるような鼓動感が演出されている。ワイドレシオの5速ミッションも、ゆったりライディングに適した設定。高張力ダブルクレードルフレーム、リジッド風ユニトラックサスは標準と共通で、クラシカルな幅広ディープフェンダー、鞍型のセパレートシート、カバーを装備したインナーチューブ径41mmのフロントフォーク、前後16インチのワイドタイヤを装着し、安定感のある走りを実現。2003年発売モデルで終了となる。
  • このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

1.

ホンダ

2.

ホンダ

3.

ヤマハ

1.

ヤマハ

2.

ヤマハ

3.

スズキ

1.

スズキ

2.

スズキ

3.

カワサキ

1.

カワサキ

2.

カワサキ

3.