HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ヤマハ TRICITY125/ABS(SEC1J)(2018)の歴史

TRICITY125 ABS/2018年(平成30年)

2018年に登場した「TRICITY125」には、ABSモデル「TRICITY125 ABS」もラインアップ。スタンダードモデルと基本的には仕様に違いはないが、車両重量が164kgと、スタンダードモデルよりも5kgほど重くなっている。 ほか、ボディカラーの「ホワイトメタリック6 (ホワイト)」はスタンダードモデル・ABSモデルの共通カラーとなっているが、「マットグレーメタリック3 (マットグレー)」はスタンダードモデル、「イトシアンメタリック4 (シアン)」がABSモデルの専用カラーとなっている。
  • このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

スズキ

カワサキ

カワサキ