GS650Gの概要|No:119||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) GS650G

historyfileNo:119

デザイナー「ハンス・ムート」のポリシーを忠実に再現した「GS650G」

ドイツのデザイナー「ハンス・ムート」が日本をイメージし、それが形となった「刀(カタナ)」シリーズ。スタイルもポジションも挑発的だった1100cc、750ccの影に隠れてしまったが、ハンス・ムートのポリシーを忠実に再現したのがGS650Gだ。コンパクトかつ生産性やメンテナンス性も考慮したデザインは、ある意味、最も個性的なカタナと言える。

GSX1100S刀(カタナ)に先行して開発されたGS650Gは、250ccクラスのコンパクトなボディサイズに、DOHC2バルブ4気筒エンジンを搭載。TSCCではなく2バルブながらも、素晴らしい走りを見せた。駆動方式はチェーンではなくシャフトドライブ方式。シルバーをベースに、シートやキャリパー、ショックスプリングをレッドとした鮮やかなカラーリングは、23リットルの大型タンクなどの斬新なデザインを一層引き立てた。

GSX1100SやGSX750Sに対しスポーツツアラーと位置付けられたGS650Gは1980年にプロトタイプが登場、1981年には国内デビュー、そして1982年には、メーターパネルにフューエルメーターが追加されるなどマイナーチェンジ。1983年は最終モデルとなってしまう。ライトカウルを装備し、ホイール形状を一新。エンジンがブラックアウトされるなど、より個性的なスタイルとなった。

「カタナ」と言えばGSX1100SカタナかGSX750Sカタナを思い浮かべるが、ハンス・ムートのもう一つの「カタナ」の形がGS650Gと言える。コンパクトな車体に750ccクラスの動力性能を備え、ヨーロッパでは非常に高い評価を得た。日本では、マイナー車種の一つとなってしまったが、意外性という面では、こちらの方がインパクトが大きい。もし、GS650GがGSX1100Sカタナと同等のスタイルだったら・・・。もっと多くの支持を得ていたことだろう。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示