SV650の概要|No:191||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) SV650

historyfileNo:191

600ccクラスの希少かつスタンダードなVツイン

400ccクラスとリッタークラスに挟まれ、ラインアップが少々薄い600ccクラス。ヨーロッパでは人気が高いこのクラスも、オーバー750ccが解禁された後の日本国内では少々中途半端なポジションとなってしまっている。しかし、400ccの車格でパワーのあるエンジンの組み合わせは、日本人にはジャストフィットであることが多く、まさにこの言葉をそのまま実現したモデルがSV650/SV650S(VP52A)だ。1998年に先行して登場していたSV400/SV400S(VK53A)と共通のトラスフレームに、輸出モデルとほぼ同等の70psを発揮するVツインエンジンを搭載。パワー面では同時期のホーネット600を上回るが、4気筒とVツインでキャラクターが異なり、また、並列ツインでレトロなW650やシングルのSR500とも方向性が異なり、そういった面ではライバル不在だったと言える。

フレームや外観デザインはTL1000S(VT51A)を踏襲し、クラス初のアルミ製楕円断面トラスフレームを採用。SV650SはTL1000S譲りのハーフカウル&片側プロジェクター式2灯ライトを装備。セパレートハンドルやバックステップの採用、サスセッティングの変更などで、丸型1灯ライトのネイキッドモデルSV650よりもスポーツ性を高め、外観以上の差別化を図っている。国内モデルがラインアップ終了となった後も、輸出モデルは継続販売され、2003年にはフルモデルチェンジ。SV1000/SV1000Sと同様のデザインに変更され、従来の丸味がかったものからエッジの効いたものとなった。また、吸気方式はキャブからフューエルインジェクション(FI)に進化している。2008年には後継モデルとも言えるグラディウス650が登場したものの、SV650/SV650Sも併売され、2003年からのV-STROM650・V-ストローム650(DL650)も合わせると、同系エンジンのバリエーションは実に豊富。こうして、長年に渡るラインアップで、SV650/SV650SはスタンダードなVツインというポジションを確立していったのだ。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示