エリミネーター750の概要|No:212||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) エリミネーター750

historyfileNo:212

カワサキを象徴する希少なドラッグモデルとなった「エリミネーター750(ZL750A)」

エリミネーターシリーズの最後はエリミネーター250V(VN250A)で、アメリカンの定番となったVツインエンジンを搭載しているが、最初に登場した輸出モデルのエリミネーター900(ZL900A)や国内モデルのエリミネーター750(ZL750A)は並列4気筒エンジンを搭載したドラッグスタイル。昔から知っている人にとっては、「エリミ」と言えばこのスタイルを思い浮かべることだろう。その後に登場するエリミネーター400シリーズ(ZL400A)も並列4気筒で、エリミネーター250シリーズは並列2気筒となるが、基本的なスタイルはどの排気量もすべて共通だ。

1984年に登場したGPZ750Rをベースに、77ps/9000rpmの最高出力はそのままで、最大トルクを6.5kg/7000rpmから6.7kg/7000rpmにアップし、ギアレシオを変更したエンジンを独特のドラッグスタイルに搭載。駆動はシャフトドライブで、極太の160/80-15のリアタイヤや、シフトダウン時にリアタイヤをロックさせないバックトルクリミッターを装備するなど、同じ750ccクラスの典型的なVツインのアメリカンVZ750ツインとはコンセプトの違いが明白だった。

ナンバープレートがリアフェンダーの上にくるテールまわりのデザインや、前後別体のシート、サイレンサーの形状など、ロー&ロングのドラッグスタイルは実に特徴的。短命だったGPZ750Rと同様に、エリミネーター750も4〜5年で終了となってしまい、流通台数はかなり少ないが、アメリカンとは違い、また、ロードモデルとも異なった個性的なビッグバイクを求めるならエリミネーター750は面白い選択となるだろう。スタイルはもちろんのこと、ニンジャ系のエンジンフィーリングも同時に楽しむことができる。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示