ウルフ250の概要|No:226||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) ウルフ250

historyfileNo:226

極めて珍しい2ストレプリカベースのネイキッド「ウルフ250・WOLF250(VJ21A)」

「ネイキッド」という言葉からどんな車種を思い浮かべるだろうか。ホーネット250やバリオス、ゼファー400、ZRX400、CB400SFといったところだろうか。これらは確かにネイキッドに分類されるが、本来の「ネイキッド」はフルカウルモデルからカウルを取り外して「裸」にしたことからスタートしており、GPZ400Rに対するFX400RやVFR400Rに対するVFR400Zといった「対の関係」が存在した。スズキはそれを2ストのレーサーレプリカに持ち込み、RGV250γ・RGV250ガンマ(VJ21J)に対するネイキッドのWOLF250・ウルフ250(VJ21J)を登場させた。

RG250γ・RG250ガンマからフルモデルチェンジし、並列からV型へ進化したエンジンをアルミフレームに搭載。SP仕様も併売し、かなりレーシーになったRGV250ガンマ(VJ21J)がベースとなっているが、ウルフ250(VJ21J)はネイキッドらしくややおとなしく仕上がっている。外観はカウルがなくなり丸型ライトとハンドルマウントのメーターを装備。フロントブレーキはダブルディスクからシングルディスクになり、ハンドルとステップの取り付け位置を変更することで、街乗りでのポジションを考慮している。出力特性や2次減速比も変更され、γ・ガンマよりも扱いやすさを増している。

RGV250ガンマがさらに進化してVJ22A型になった後も、ウルフ250(VJ21J)は継続ラインアップ。さらに、兄弟モデルとしてWOLF200・ウルフ200とWOLF125・ウルフ125なども登場し、各排気量で2ストネイキッドを充実化させたのは、他メーカーでは見られないスズキならではのものだった。2010年台に入りフルカウルモデルの人気が上がってきているが、カウルに少々抵抗があり、その一方で、速いバイクを求めているなら、本来のネイキッドのスタイルであるウルフ250(VJ21J)がベストチョイスとなるだろう。2ストの面白さも気負わず気軽に堪能できるはずだ。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示