ウルフ250の歴史|No:226||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) ウルフ250

historyfileNo:226

ウルフ250の歴史

1988年(昭和63年)

RGV250γ・RGV250ガンマ(VJ21A)

レーサーレプリカの原点と言えるRG250γ・RG250ガンマがフルモデルチェンジし、第2世代のγ・ガンマへ進化した。エンジンは水冷横置き90度Vツインで、スロットルバルブが半円形の32mmスリングショットキャブや、AETC(オートマチック・エキゾースト・タイミング・コントロール)システムなどを新採用。特殊メッキを施したアルミシリンダーの採用など、各部のフリクションロスの低減や耐久性の向上を図っている。レースを前提としたスポーツプロダクション仕様(SP仕様)も設定され、クロスミッション、インナーロッドタイプのフロントフォーク、タンク別体リアショック、シングルシートを標準装備した。世界GPマシンと同様のペプシカラーも限定発売された。このRGV250ガンマ(VJ21J)をベースとしたネイキッドであるウルフ250(VJ21J)のポテンシャルは高く、現在で言うネイキッドとはコンセプトが少々異なる。

1988年(昭和63年)

ウルフ250・WOLF250(VJ21A)

V型に進化したRGV250ガンマ(VJ21J)をベースとしたネイキッド。メインフレームは110×30mmサイズのアルミ押し出し材を使用した共通パーツで、エンジンも共通の水冷2スト・横置きVツイン。ハンドルの取り付け位置を20mm高くし、ラジエターの幅を50mm狭くし、丸型ライトを装着。ドライブスプロケを1丁減らし、2次減速比が変更され、乾燥重量が3kg軽くなっている。出力特性のピーキーさは弱まっているものの、高回転域の加速はγ・ガンマと同様に強烈。しかし、レーシング的ライディングはターゲットにしておらず、ストリートをキビキビ走れるモデルとして仕上がっている。γ・ガンマがVJ22A型へモデルチェンジした後もそのまま継続ラインアップ。ヤマハの2ストネイキッドR1-Z(3XC)やRZ250R(29L)が数少ないライバルとなるが、基本的なコンセプトは異なり、ウルフ250(VJ21A)の方がかなりレーシーである。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示