ビーノの概要|No:303||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) ビーノ

historyfileNo:303

かわいいレトロ感覚を具現化した女性向けスクーター「ビーノ(5AU)」

1990年代は「新しいけど、どこか懐かしさを感じる」レトロ系のバイクが多く登場した。台数が多いところで、カワサキ・エストレヤ(BJ250A)シリーズ、W650(EJ650A)、ジョルノ(AF24)シリーズなどなど、マイナーで販売終了となったモデルも挙げればキリがない。50ccスクーターではジョルノ(AF24)が先駆者で、その後にVINO・ビーノ(5AU)、ヴェルデ・ベルデ(CA1MB)と続くことになる。3者の中では圧倒的にビーノの台数が多く、4スト主流となった今でも、2ストのビーノの人気は高い。

ジョグアプリオ(4JP)・アプリオナチュラル(SA11J)系のエンジンを搭載し、6.8psから6.3psへとややパワーダウン。フロントまわりはジョグ系とは異なりトレーリングリンク式で、この見た目もレトロ感を強めている。前後10インチホイールは他のジョグ系と変わらない。シート下収納スペースといった実用性も備えつつ、レトロ調のスタイリングとしたのがビーノの最大の特徴で、丸みを帯びた外観に、バーハンドル、スピードメーターや燃料計、丸型のヘッドライト等、女性ユーザーを惹きつける要素を十分に備えていた。

ビーノはスタンダードの他、レッグシールドのメッキ風モール、フロアマット、樽型グリップ、専用カラーを施した「ビーノクラシック」、1960年代のレトロスポーツを彷彿とさせる赤/白カラーの「ビーノスポーツ」、ハローキティバージョン、宇多田ヒカルがデザインしたキャラ「CHUICHI」バージョンも限定発売され、他車に比べてバリエーション豊富だったのも特徴である。2004年には4スト化され(SA26J)、2007年にはFI化(SA37J)、2015年にエンジン性能を向上させ(SA54J)、レトロ調スクーターは、今なお健在である。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示