TDR50の概要|No:115||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) TDR50

historyfileNo:115

ミニバイククラスにスーパーバイカーズという新たなカテゴリーを生み出した「TDR50」

初代RZ50(1HK)やDT50(17W)の水冷ピストンリードバルブエンジンを流用し、キャブレーションのクリーン化を促進するYEIS(※)を装備して低中速域の吸入効率を向上させて登場したのがTDR50。同じ1988年にデビューしたTDR250(2YK)と同様のスタイルで、デュアルパーパスまたはスーパーバイカーズを意識した作り。市街地でもダートでも100%面白いモデルというTDRシリーズのコンセプトを受け継いでいる。

小径ホイールモデルとしては、同じスーパーバイカーズに位置するカワサキの10インチホイールモデルKS-1(MX050A)も1988年にデビュー。ミニバイクレースに新しいスポーツカテゴリーを生み出した。この当時の12インチホイールというと、空冷のYSR50(2AL)やホンダNSR50(AC10)に代表されるが、これらと比較しTDR50やKS-1にはポジション的にも余裕と自由度があり、市街地走行もラクラクと楽しめる。8リットルのガソリンタンク、スピードメーター&タコメーターの標準装備、前後ディスクブレーキ、キャストホイール、チューブレスタイヤ、リアのモノクロスサスペンションなど装備も充実しており、また、オプションにはハイグリップタイヤ、リアキャリアも用意されていたため、通勤・通学はもちろんツーリングやサーキット走行など自分なりの用途で楽しむことができた。

80ccのTDR80(3GA)は10psのパワーでゆとりもあり、同じクラスのNSR80やKS-2にも負けない速さも持っている。ロングストロークの足回り(フロント140mm/リア130mm)など、基本的な車体構成はTDR50と同じ内容。どちらも爆発的なブームとまではいかなかったが、スーパーモタードが流行している2006年の今登場したら・・・と思わせる1台だ。

※YEIS・・・ヤマハ・エナジー・インダクション・システムの略。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示