WR250Xの概要|No:315||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) WR250X

historyfileNo:315

オンもオフもイケる、スーパーモタード仕様「WR250X」

オフロードマシンをベースに、前後のホイールサイズやタイヤを変更したマシンで行なわれるオンロードとオフロードが混在したコースを走行するのが、スーパーモタード。「WR250X」はオフロードモデルの「WR250R」と基本構成は同じながら、ラジアルタイヤを装備するほか、細部に至るまで専用仕様が施され、本格的なスーパーモタードレースに対応が可能なモデルだ。

「WR250X」の開発コンセプトは、『オン・オフカテゴリーのYZF-R1の具現化』。エンジンはフューエルインジェクションが採用された、新開発の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・単気筒。吸気バルブはチタン製で、レスポンスに優れた吹け上がりを実現。タイヤサイズはフロント110mm・リア140mmで、前後17インチのラジアルタイヤを装着。フレームも新設計の3分割セミダブルクレードルで、市販コンペモデルの「YZ250F」や「WR250F」に採用されているアルミ製フレーム技術が用いられている。フロントフォークは倒立タイプで、インナーチューブ径は46mmの太さを誇る。前後サスペンションはフルアジャスタブル。フロントブレーキは298mmのウェーブディスクなどなど…「WR250X」の特長や特徴を上げていくとキリがない。

これらの装備類によって「WR250X」は、“アグレッシブなスーパーモタードの走り”“街なかの舗装路で軽快な走り”を達成している。

実際に乗ってみるとわかるが、装備重量134kgの軽さと、オフロードマシンベースの深いバンク角によって、アグレッシブな走りが可能だ。それも、一部の人だけが楽しめる領域での話ではなく、自分の腕に合わせて楽しむことができる。オンもオフもヒラヒラと遊びたい、そんな人に是非一度試してもらいたいモデルだ。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示