HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

スズキ GSR250(2017年モデル)の基本情報

マッシブな「B-KING」の流れを汲む力強いデザイン「GSR250」

異形ヘッドライト、小型でシャープなヘッドライトカウル、ボリューム感のある燃料タンクとタンクカバー、タンクからリアカウルにかけて跳ね上がるようなウェッジシェイプの造形。マッシブなデザインで衆目を集めた「B-KING(1340cc)」をイメージさせる250ccモデル、それが「GSR250」。

見た目に力強さを感じるので、走りも「じゃじゃ馬?」と思うかもしれないが、「バイクに初めて乗るお客様でも扱いやすく、街乗りからツーリングまで幅広くいただくことを想定」と謳われていたモデルだけあり、走りは非常に素直。新開発されたロングストロークタイプのツインエンジンは、適度な鼓動感がありながらも低振動で静粛性も高い。フューエルインジェクションが採用されているので、燃費性能にも優れる。日常的に使用する低中速域を重視したセッティングで、神経質になることもなく、スロットルを開けたら開けた分だけ速度が乗るというフィーリングだ。ハンドルが高く、自然な姿勢がとれるので、ロングツーリングにも向いている。

2012年に発売された時の価格は税込で43万8900円と求めやすい設定だったが、多機能デジタルメーター、ダブルレンズのリアコンビネーションランプなどが採用されるなど、所有感も満足させる作りとなっている。人気の高いモデルであったが、2017年に生産が終了された。

  • このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ