FZ400Rの概要|No:184||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) FZ400R

historyfileNo:184

レーシーなコンセプトを明確にして登場した元祖レプリカ「FZ400R(46X)」

1983年〜1984年はレーサーレプリカの出発点と言えるだろう。レギュレーションで「4スト400cc、2スト250cc」と定められたF3クラスへのレース参戦マシンとして、ホンダCBR400F(NC17)やスズキGSX-R400(GK71B)、そしてヤマハFZ400R(46X)が登場したからだ。CBR400Fは空冷ながら「REV」の採用などで58psを発生。GSX-R400はGSX400FWベースの水冷DOHCで59ps。これをアルミフレームに搭載し3車中最軽量の152kgを達成。最もレーシーな仕上がりとなっている。FZ400Rはスペックや装備的にはCBRとGSX-Rの中間といった形となる。

XJ400Z系の水冷エンジンをベースに59psとしたものを、スチール製角パイプフレームに搭載。フロントフォークにはセミエア+バリアブルダンパーを採用し、アルミ角断面スイングアーム+モノクロスサスを組み合わせたリア回り、フロント16インチ&リア18インホイールで安定感あるハンドリングを実現した。今でこそ前後17インチが主流だが、当時は異径ホイールの組み合わせが主流だった。

1985年にはノンカウル(ネイキッド)のFZ400Nも追加。フレームマウントの角型ライトとメーターを採用し、ハンドルは20mmアップ。アルミのラジエタープロテクターやゴールドのヘッドカバー&エンジンサイドカバーでFZ400Rと少々差別化されたが、基本スペックは同一だ。1986年にはアルミデルタボックスフレームを採用し、よりレーシーになったFZR400へとフルモデルチェンジしたものの、FZ400Rのポテンシャルは高く、レース参戦用にキットパーツも限定発売された程だ。今さらフルカウルのレーサーレプリカはちょっと、と思いつつも、走りの良さを重視したいならFZ400R・FZ400Nといった元祖レプリカを選択すると面白いかもしれない。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示