XS650の概要|No:041||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) XS650

historyfileNo:041

1970年代のヤマハを代表する4ストロークモデル「XS」シリーズ

70年、「ヤマハ初の4ストローク・マシン」として登場した「XS-1」。そして、その系統である「XS650シリーズ」は、両機共に当時のスポーツバイクの代名詞「バーチカルツイン・エンジン」を搭載。独特のエキゾースト・ノートと心地よい振動、そしてツインらしからぬ荒々しさ、トルクの太い加速感は、多くのライダー達を魅了したものだった。

そして75年以降は、「XSシリーズ」として250〜1100まで登場した。基本的には「GXシリーズ」の輸出仕様として位置づけられていたXSシリーズ。250・400・500・650は2気筒、750・850・1000は3気筒、1100は4気筒と、同じXSシリーズでも、多種多様の乗り味とスタイルが存在していた。また、黒をベースに金メッキで飾られた特別仕様「ミッドナイトスペシャル」も併せてラインナップ。精悍で硬派なイメージが当時、人気を呼んでいた。

ヤマハ初の4ストロークマシンは「バーチカルツイン」!

70年代当時、単気筒から2気筒、4気筒と「マルチ化」と大排気量化が進んでいくという『技術的な発展途上』の時期にあった。その激動の最中、当時2ストローク車のみ生産していたヤマハが、満を持して登場させた初の4ストロークマシンが、「XS-1」である。当時、人気のあったトライアンフをはじめとする「英国車」を超えるべく造られたXS-1。当時、英国車の主流である「バーチカルツイン」を採用しながらも、バルブの駆動方式を英国車が採用していた「OHV」ではなく「OHC」を採用した。OHCはOHVに対し、プッシュロッドを介さない分、高回転化が可能で、それによってパワーが引き出せた。同排気量のトライアンフ車が46psに対して「XS-1」は53psと数値上でも大きく上回り、最高速も185km/hをマークした。

このように、高いポテンシャルを発揮し、登場した「XS-1」。しかし、「XS-1」のデビューする前の年である69年に、あまりにもセンセーショナルにデビューしてしまったライバル「ホンダ CB750FOUR」の影に隠れてしまうような形で70年にデビュー。高性能で魅力のあるバイクでありながら、あまりスポットライトがあたる事は無かった。しかし、ヤマハが65年から70年までと長い年月を掛けて「信頼性の確保」の為、慎重に時間を掛けて開発してきた甲斐があり、TX、XS-Splと名前を変えながらも、超ロングセラーモデルとなり、全世界で密かな人気を呼んでいた。

また、「XS650E」以降のモデルは、73年以降「TX650」 と名前を変え、バーチカルツインの伝統が引き継がれて行った。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示