FZR750の概要|No:205||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) FZR750

historyfileNo:205

ジェネシス思想を受け継いだ750ccレプリカの先駆け「FZR750(2LM)」

ヤマハのフラッグシップFZR1000と同時開発されたFZR750(2LM)。基本コンポーネントを共有し、FZ750からのヤマハ・ジェネシス思想を受け継いだナナハン・レーサーレプリカと言えるバイクだ。1987年の鈴鹿8耐でヤマハに初勝利をもたらしたYZF750をイメージに、吸気温度を下げて密度の濃い空気をキャブレターに供給するFAI(フレッシュ・エア・インテーク)をはじめ、レーシングテクノロジーが随所に活かされ、すでに登場していた750cc初のレプリカGSX-R750にも劣らない、レースベースマシンとしてもトップレベルの実力を誇っていた。

前傾角45度にレイアウトされた水冷DOHC5バルブエンジンは、低重心化に貢献しただけでなく、大型エアクリーナーからダウンドラフトキャブへといった吸排気系の流れをより直線的にすることでハイパワー化に成功。太いトルクで乾燥重量203kgの車体を強烈に押し出した。またアルミデルタボックスフレーム、φ41mmの正立フォーク、前120/70-17&後160/60-18の当時としては太めタイヤ、φ320mmフローティングディスク&4ポットキャリパーのフロントダブルディスクブレーキなど、車体&足回りもFZ750から一歩進んだものとなり、フルカウルのスタイリングも相まって、まさにナナハン・レプリカの先駆けとなった。

同時期に登場したホンダ・VFR750R(RC30)や、後に加わるカワサキ・ZXR750、モデルチェンジしたGSX-R750Rに対抗すべく、市販レーサーと言っても過言ではないFZR750R・OW01が登場し、さらにYZFシリーズと進化していく。当時はハイスペックだったFZR750も、2000年代、2010年代から見るとマイルドな印象にうつってしまう。いかにもレプリカ然としたモデルはちょっと・・・という方には、FZR750のような往年のレプリカがちょうど良いツーリングマシンになるのではないだろうか。お手軽なナナハンとしてFZR750をチョイスしたい。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示