FZ750の概要|No:030||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) FZ750

historyfileNo:030

ヤマハの技術を結集した水冷4気筒エンジンを積んだ「FZ」

ヤマハの4サイクルレーサーレプリカとして生まれたFZシリーズ。FZ400Rは、XJ400Zのエンジンをベースに4バルブ化し59PSを搾り出した。当時の主流であるフロント16インチを採用し、シャープなハンドリングを実現。スタイルもワークスレーサー「FZR」そのもので、とても人気が高かった。

1984年秋のドイツ・ケルンショーで発表され、大反響を巻き起こした「FZ750」 世界初の5バルブDOHC並列4気筒を45度前傾させて搭載したレイアウトは、エンジンの出力特性とマシンの操縦安定性向上をあわせて追求した画期的なもの。この設計コンセプトは“ジェネシス”として、FZからFZRへと継承され、いまなお進化をつづけている。

同じ年に発売された「FZ750」同様、独自の4サイクル・パフォーマンス設計思想“ジェネシス”に基づいて開発したスーパークォーター「FZ250フェーザー」。250cc市販車としては初のDOHC16バルブのハイメカニズムを採用して45馬力と2サイクル並のハイパワーを発揮。軽量・コンパクトな車体、フェアリングとタンクカバーを一体化したハイブリッドシェイプカウルの新鮮なデザインが人気を集めた。

ツインカム5バルブ+ジェネシスと、当時のヤマハの技術をふんだんに盛り込んだ

1985年にデビューした「FZ750」は、ヤマハ初の5バルブ・ツインカムを採用。吸気3バルブ・排気2バルブと配置されたバルブ周りは、「球状に近い」「バルブ配置が鋭角」「プラグ周りの容積が大きい」「全体的にコンパクト」という理想的な燃焼室を実現。このコンベックス型(凸型レンズ状)燃焼室により、強大な出力とトルクを発生している。また、前傾45度に傾いたシリンダー・レイアウトをもつエンジンは、「ライダーとマシンをより深く、より緊密に結びたい」という願いから生まれた"ジェネシス"というヤマハ独自の思想から生まれたエンジンレイアウト。吸気抵抗がが格段に軽減され、キャブレターやエアクリーナーも理想的なレイアウトが実現されただけでなく、エンジンの重心を低くしながらも、車重前後重量配分も「50:50」と理想的な重量配分にする事ができ、操縦安定性にも貢献。シャープで安定した操縦性のハンドリングを実現している。

そのほか、「FZ750」のファンなら誰もが知っているであろう、 '86年の「デイトナ200」での好バトル。ホンダの「ウェイン・レイニー+VFR750」、ヨシムラの「ケビン・シュワンツ+GSX-R750」と共に激しいバトルを繰り広げたの末、経験に勝る「エディ・ローソン+FZ750」が優勝した伝説のレース。この時、エディ・ローソンが乗っていた「FZ750」は「ローソンレプリカ」として今でもFZ750をカスタムする上で根強い人気が残っている。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示