FZX750の概要|No:019||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) FZX750

historyfileNo:019

ジェネシスエンジンを搭載したドラッグスタイルモデルが「FZX750(2AK)」

この頃の750ccクラスのアメリカンといえばホンダのシャドウ750(RC25)、NV750カスタム(RC14)、ヤマハのXV750ビラーゴ(55R)、スズキのVS750イントルーダー(VR51A)、カワサキのVZ750ツイン(VN750A)、エリミネーター750(ZL750A)などが挙げられる。そのほとんどが運動性能よりも雰囲気を重視したもので、エンジンはVツインが主流。そんなアメリカンのカテゴリーに、新たにドラッグスタイルで登場したのがFZX750(2AK)だ。

フォルムは独自のドラッグスタイルを確立した輸出モデルのV-MAXを踏襲し、エンジンはV型ではなく、FZ750(1FM)の前傾45度並列水冷4気筒5バルブジェネシスエンジンを低速型にリファインしたものを搭載。最高出力は1000rpm低いところで同じ77psを発生し、最大トルクは500rpm低いところで0.1kg-m大きくなっている。駆動系はV-MAXのようなシャフトドライブではなくチェーンドライブとなる。太さを強調した左右2本出しのショートマフラー、左右非対称デザインのリアホイールや、バフ仕上げのアルミパーツ、クロームメッキパーツ、ブラック塗装のエンジンなど、クオリティの高い作りと洗練されたデザインも魅力のひとつだ。

1990年にはモデルチェンジし2型に。ミッションがそれまでの6速から5速になり、ギヤ比は2〜5速がハイギヤード化(高速型)され、よりイージーに低速トルクを味わえるようになった。また、バルブタイミングやキャブセッティングも変更されている。比較的ボリュームのあるボディながらも、低いシート高や従来のアメリカンとは違ったポジションで、日常の足としても扱いやすく、また、スポーティーな走りも楽しめ、疲れ知らずで長距離ツーリングもこなせる。アメリカンでもなく、現代のネイキッドでもない、オールラウンドなドラッグモデルといっていいだろう。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示