TDM850の概要|No:017||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) TDM850

historyfileNo:017

オフロードモデルの良さを取り入れた新しいオンロードのスタイルが「TDM850(RN03J)」

初代のTDM850(4EP)が登場したのは1991年。XTZ750スーパーテネレに採用された並列2気筒エンジンを排気量アップして搭載。そのスタイリングと乗車ポジションはオフロードモデルに近く、ホイールなどの足回りはオンロードモデル寄り。1990年代初め頃で言うと、Vツインモデルのホンダ・アフリカツイン(RD04)やトランザルプ400V(ND06)、並列ツインのカワサキ・KLE400(LE400A)といったモデルに近いが、これらよりもオンロードを重視したのがTDM850であり、実際、ヨーロッパでは「キング・オブ・ザ・ワインディングロード」として高い評価を受けた。

1995年にTDM850(4EP)のエンジンをベースとしたTRX850(4NX)が登場すると同時期に、TDM850がモデルチェンジ。両モデルともに不等間隔爆発270度位相クランクを採用したエンジンを搭載し、独特のトルク感とフィーリングを味わえた。しかし、TDM850は輸出モデルのみの発売で、国内モデルが登場したのは1998年となる。初代からの変更点は、フロントフォークの大径化(φ41mmからφ43mmへ)、ラジアルタイヤの採用、キャブのスロットルポジションセンサーの追加など多岐に渡るが、一番はライトまわりも含めた独特のスタイリングだろう。

こうした車体デザインが、「ツアラー」ではなく「マルチパーパス」や「デュアルパーパス」と呼ばれる要因となっていたものの、オン・オフ両用の多目的というわけではなく、実際には峠を速く走れ、タンデム走行も快適にこなせるオンロードモデルといったキャラクターのほうが強い。2001年にラインナップから外れるものの、輸出モデルとしてはTDM900へと進化し、オフロードモデルの良さを盛り込んだスポーツツアラーの血統は今なお受け継がれている。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示