YZF750SPの概要|No:018||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) YZF750SP

historyfileNo:018

ワークスレーサーYZFの血を引く750ccレプリカが「YZF750SP(4HS)」

FZR750(2LM)、OW-01ことFZR750R(3FV)の後継機種がYZF750SP(4HS)。ファクトリーレーサーYZF750のノウハウを注ぎ込んだレプリカモデルだ。この頃のファクトリーレプリカと言えば、ホンダVFR750R(RC30)、RVF750(RC45)、水冷化したスズキGSX-R750、カワサキZXR750などが挙げられるが、別格のホンダ2車種に対し、ややストリート指向のGSX-R750とZXR750、そしてレースユースを意識したYZF750SPとZXR750Rと、同じ750ccクラスのレプリカでもポイントが少々異なっていた。

先代OW-01の水冷4スト直列4気筒DOHCベースの、吸気3本、排気2本の5バルブエンジンは、ボア×ストロークが72×46mm、圧縮比11.5とし細部も変更。スロットルポジションセンサー付きのダウンドラフトタイプφ39mmFCR、熟成度を高めた可変排気バルブEXUP、最適な点火タイミングを実現する3次元マップ制御イグナイターの組み合わせで、最高出力77ps(輸出モデルは125ps)を誇った。

デルタ型を構成するボックス型断面のアルミデルタボックスフレームは、レーサーYZF750をベースに全面新設計され、トラスタイプのスイングアーム、伸圧減衰力調整可能なリアショック(1995年にオーリンズ)、φ41mm倒立フォークを採用。フロントブレーキはφ320mmフローティングディスクに異径6ポットキャリパーを組み合わせ、より強力なストッピングパワーを得た。

カウルもレーサーYZFの形状をベースに新設計となり、空力特性を向上。YZF750SPは最高速、パワー、空力などでクラス最高レベルの数値を実現し、スーパーバイクレースで戦える高いポテンシャルを備えた。まさに次世代のOWであり、後に登場する現代のスーパースポーツYZF-R1やYZF-R6につながっていくモデルといえる。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示