CS250の概要|No:207||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) CS250

historyfileNo:207

カワサキでは珍しいシングルスポーツ「CS250(BR250A)」

環境対策により250ccクラスはシングルやツインがメインとなっている2010年代。もちろんこれらは昔から存在するので何も珍しいことではないのだが、カワサキに限っては、250ccの4ストシングルは数少なく、オフロードモデルは別として、オンロードモデルで見てみると20数年前の1985年に登場したCS250(BR250A)までさかのぼることになる。CSとは「カジュアル・スポーツ」のことで、カジュアルの名の通り、気負うことなく気軽に乗れることをコンセプトにしたモデルと言える。

しかし、搭載されるエンジンは水冷DOHC4バルブで、ライバル車のホンダCBX250RSやヤマハSRX250の空冷DOHC4バルブよりもパワフル&高回転型のため、スポーツ性能は高い。ベースとなっているのはKL250R(KL250D)で、キャブを大径化することで28ps/9000rpmから34ps/10000rpmへと大幅にパワーアップし、二次減速比をハイギヤード化している。フロントは16インチ&ディスクブレーキ、リアは18インチ&ドラムブレーキでツインショックを採用。エンジン以外の装備は決してハイスペックとは言えないが、118kgという軽量な車体は「気軽さ」と「スポーツ性」の両方に好影響を与えたに違いない。

CS250と同時期に登場した並列ツインのGPZ250Rは、その後も進化し、同系エンジンは現在のニンジャ250Rにも受け継がれたものの、CS250と同様の水冷シングルモデルは登場しておらず、最も近いのがモタードモデルのDトラッカーになるだろう。しかし、ベースがオフロードモデルのKLX250だけに、純粋なオンロードモデルとは言えず、やはりCS250シリーズは一代で終了と見るのが正解だ。タマ数が少なく入手が難しいが、シングルならではの鼓動感をカワサキで味わいたいファンには、是非とも隠れた名車CS250を探していただきたい。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示