エリミネーター250の概要|No:112||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) エリミネーター250

historyfileNo:112

250ccを超えたスタイルと走り。ストリートドラッガーの先駆者「エリミネーター250」シリーズ

GPX250R(1987年)と共通の水冷ツインエンジンを低中速向きにリセッティングし、ロー&ロングのドラッグレーサーをイメージさせる車体に搭載したモデルがエリミネーター250。GPZ250Rと同様、高回転域で吸排気系の追従を高めるのIRS(※)に、1軸バランサーを組み込み低振動化を図ったエンジンは40PSを発揮し、高速巡航も十分楽しめる。

ホイールベースはエリミネーター400の1550mmに迫る1490mm、140/90-15という極太リアタイヤ、大径マフラーの採用で、外観や量感はシリーズ共通のダイナミックなものに仕上げられている。大型のスピードメーターや各種のインジケーターランプは視認性も良く、前方から視線を移すことなく確認できるので安心感も高い。

1988年にはビキニカウルを装備したエリミネーター250SE、さらに1989年には、スポークホイールのエリミネーター250LXも加わり全3機種がラインナップ。プッシュキャンセル式ウィンカーが採用され、タンク容量は1L増量された。また、1989年発売のエリミネーター250SEには専用のリザーバータンク付きショックアブソーバーが装備された。

後にスタンダードモデルは姿を消し、「SE」と「LX」のみのラインナップとなる。カラーリング変更など、数回のマイナーチェンジを経ること約10年、とうとうエリミネーター250シリーズもフルモデルチェンジを受ける。1998年、V型エンジンを搭載したエリミネーター250Vの登場だ。ロー&ロングの雰囲気はそのままにスタイルを一新し、今もなお「ストリートドラッガー」を受け継いでいる。

※IRS・・・1バルブ1ロッカーアームのインディビデュアル・ロッカーアーム・システムの略称

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示