NS400Rの概要|No:053||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) NS400R

historyfileNo:053

レーサーの血を受け継いだホンダ初のフルカウル・2ストレーサー「NS」シリーズ

「NSシリーズ」の頂点である「NS400R」は’85年にフレディ・スペンサーの手でチャンピオンマシンとなったNS500のレプリカとしてデビュー。2スト90度V型3気筒で前2気筒、後ろ1気筒というレイアウトで強烈な加速力とスタイルで当時、若者の憧れであった。

次男坊とでも言うべき「NS250R/F」はV型2気筒で、市販レーサー「RS250R」のレプリカとしてデビュー。「NS250R」の方はRS250Rと共通パーツも多い。その他、50ccでは「NS50Fエアロ」というフルカウルではないが、エアロフォルムを身にまとい、先進的なイメージで登場。その後継車「NS-1」は通常のタンク部分はメットイン・スペースとなっており、フルカウルのスタイルと使い勝手の両面を併せ持っており、人気があった。

また、ホンダ・イタリアで生産されている「NS125R」いうモデルもあった。

GPマシン「NS500」のレプリカ・モデルとして登場

’83年に天才フレディ・スペンサーの手でチャンピオン・マシンとなったGPワークスマシン「NS500」のレプリカ・モデルとして国内では’85年に発売され、強烈なパンチ力のある加速を見せ魅了した。「NS500・レプリカ」として発売されたが、実はエンジン自体は先に発売されていた「MVX250」のエンジンがベースとなっており「NS500」が前1気筒・後ろ2気筒に対し、MVX250・NS400Rは前2気筒・後ろ1気筒と逆の配置になっている。しかし、スタイルは間違いなく「NS500レプリカ」でカッコよく、若者の憧れであった。 技術的な面では、当時の最新のテクノロジーを採用している。エンジンでは、前方2気筒には電子制御ATAC(Auto controlled Torque Amplification Chamber)やNSシリンダー(NとSでシリンダーの内壁を特殊コーティング加工処理したもの)を採用。更にフロントフォークには「TRAC(ブレーキトルク応答型アンチダイブ機構)」や空気圧でプリロードが調整可能な「エアアシスト・サス」を採用しており、メーカーの意気込みを感じさせる一台である。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示