HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ヤマハ FZ750の歴史

/1985年4月

「5バルブ・ツインカム」、前傾45度の「ジェネシス」を採用したFZ750が登場。ダンピングアジャスター付きフロントフォークやフロント16インチを採用している。

/1985年

輸出用として100馬力モデルが登場。馬力が違う他、シングルヘッドライト(国内仕様はダブル)、バイアスタイヤ(国内仕様はラジアル)、ダンピングアジャスター無し、シートカウルが標準装備となっている。

/1987年

フルカウル仕様となり、マフラーも集合タイプを採用(4-2-1)。スクリーンも高速ロングクルージングを考え、35mm高くなっている。

/1989年

タイヤサイズを変更。フロントを17インチ化し、リヤも「130」から「140」へと若干太くなった。また、フロント・ブレーキキャリパーは「2ピストン」から「4ピストン」へとグレードアップしている。
  • このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ