HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ PCX150(2012年モデル)の基本情報

高速道路が走れるPCX。行動半径、グンと広がる!「PCX150」

125ccクラスとしては大きめのボディを持ち、ゆったりと乗ることのできる「PCX」。「これで高速に乗れたら、遊びの自由度が広がるのに」と思う人は少なからずいたのではないだろうか。そんなユーザーの声に応えるかのように2012年に登場したのが「PCX150」。そう、高速道路の走れるPCXだ。

PCX150は、軽二輪クラスになったからとボディを大きくしていない。125ccのPCXと同じボディサイズ。ボディの適度な余裕とキビキビした走りはそのままに、パワーにもゆとりを持たせたスクーターなのだ。

搭載するエンジンは、水冷・4ストローク・単気筒150ccで、スクーター用のグローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」シリーズのひとつ。井戸リングストップ・システムや電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を採用し、低フリクション化も図られた環境に優しいエンジン。燃費は60km/h定地走行テスト値でリッターあたり49.0kmもの低燃費を実現している。

前後のホイールは14インチが採用され、快適な乗り心地と優れた走行安定生を誇る。後輪ブレーキの左レバーを操作すると前ブレーキも連動するホンダ独自のコンビブレーキも採用されているので、安心感も高い。

ボディサイズは大きすぎず、小さすぎず。街なかを颯爽と走るシティコミューターとして使うのもいいし、高速道路を使ったちょっとしたツーリングにもオススメ。PCX150は、使い道を選ばない、どんな使い方にも合う、オールラウンドスクーターだ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ