HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ CB125R(2018年モデル)の基本情報

クラスを超えた走りと造り。新世代CBシリーズの末弟「CB125R」

「“SPORTS ROADSTER” Prologue バイク本来の乗る楽しさを」を開発コンセプトに、新世代CBシリーズの末弟として2018年に登場したのが「CB125R」。

全長2040mm・全幅820mm・全高1055mmは、いずれも「CB250R」よりも大きく、CB125RとCB250Rが並ぶと、どっちが125なのか分からないほどボリューミー。高張力鋼管と鋼板で構成し、各部位の剛性を最適化した新設計のフレームが生む、安定感のあるハンドリング。路面追従性を追求したφ41mmの倒立フロントフォーク、取り付け角に自由度がありマスの集中化の図れる分離加圧式リアサスペンションユニット。ガルアーム形状のスイングアーム。灯火器類は全てLED。メーターはデジタル液晶メーター。スタイリングはもちろん、シリーズに共通する塊感のあるデザイン。末弟と言えども、新世代CBシリーズとしての矜持は、そこかしこに息づいている。

エンジンはPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)の採用された水冷4ストローク単気筒、最高出力13PS・最大トルク1.0kgf・mなので、排気量の大きなシリーズと比較するとさすがに力強さはないが、走り出してみれば原付二種であることを忘れてしまうほどで、クルマの流れをリードすることも容易い。

また、原付二種なので、ファミリーバイク特約に組み込むことができて税金も安い。30km/h規制や二段階右折から解放され、フルサイズモデルだからタンデムにも余裕がある。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ