HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ PCX HYBRID(2018)の基本情報

量産二輪車で世界初のハイブリッドシステム搭載スクーター「PCX HYBRID」

クルマの世界を見ると、今や、ハイブリッドや電動は当たり前の存在になってきている。二輪でも、ヤマハの「E-Vino」、BMWモトラッドの「C evolution」、ハーレーダビッドソンの「LiveWire」など、国内外のメーカーから数々の電動モビリティが登場。もちろん、ハイブリッドモデルもある。それが、2018年、量産二輪車として世界で初めてハイブリッドシステムを搭載してデビューした「PCX HYBRID(以下、PCXハイブリッド)」。

PCXハイブリッドが目指したのは、『PCXならではの利便性』と『機敏なスロットルレスポンスと高い動力性能』。リチウムイオンバッテリーやパワードライブユニットを載せながらも、ラゲッジスペースは23リットルを確保。そして、48V系リチウムイオンバッテリーをエネルギー源にし、駆動アシスト機能を追加したACGスターター(モーター)が、エンジンの始動とアシストを担う。これにより、同クラスのスクーターの中ではトップクラスの動力性能を誇るモデルとなった。モーターのアシストは、適度なアシストで低燃費に寄与する「Dモード」、アシストを強めてスポーツ性を高めた「Sモード」があり、状況やライダーの好みに合わせて2モードから選択可能となっている。

エンジンは、燃費性能や静粛性などに優れるスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。燃費消費率はWMTCモード値で1リットルあたり51.9km。PCXハイブリッドと同じ2018年にデビューした新型「PCX」が50.7km/リットルなので、1.2km/リットルほど伸びている。

このほか、メーターパネルには、スピードメーターや時計などのほか、走行モード、アシストレベル、リチウムイオンバッテリーのチャージレベルや残量計などもディスプレイに表示。灯火器類にLEDの採用。フロントのみが作動するアンチロックブレーキシステム。キーをポケットに入れたままでメインスイッチノブの解施錠が可能なホンダ・スマート・キー・システムなども採用されている。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中のホンダ PCX HYBRID

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

スズキ

カワサキ

カワサキ