HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ スーパーカブC125(2018)の基本情報

カモメハンドルにキャストホイールにディスクブレーキ!? ネオなの?レトロなの?「スーパーカブC125」

東京タワーが完成した1958年、発売されたのが初代スーパーカブの「スーパーカブC100」。半世紀以上に及ぶ長い歴史の中でいくつものシリーズが世界で生産され、2017年にはシリーズの生産累計台数が1億台を突破。世界で人々の生活を支えてきたベストセラーモデルだ。そして、発売60周年にあたる2018年に発売されたのが「スーパーカブC125」。

一見して、スーパーカブシリーズと分かる、レッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲線で構成されたボディ。124ccの空冷・4ストローク・OHC単気筒エンジンに組み合わされるのはもちろん、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチ。初代スーパーカブを思わせる『鳥が翼を広げたような形』のいわゆるカモメハンドル、オールドタイプのウイングマークがノスタルジックな雰囲気を漂わせる。しかし、省エネルギー性に優れたLED灯火器類、キーを携帯して車両に近づくことでメインスイッチノブの解施錠できる『Honda SMART Key システム』が採用されているほか、切削加工仕上げの専用アルミキャストホイール、フロントブレーキにはディスクブレーキなども装備され、たんなる懐古的なモデルというわけではなく、しっかりと今どきらしさも備えている。メーターは外側がアナログ表示、内側がデジタル表示となっており、ここでも懐かしさと新しさの融合が見られる。

燃費消費率は、WMTCモード値で66.1km/リットル。燃料タンク容量は3.7リットルと大きくはないが、燃費が良いので計算上は200km以上も走れる。圧倒的な動力性能や走破性があるわけではないが、とにかくタフで経済的。そして、使う用途を選ばない。どう乗るか、どう楽しむかは、乗り手のアイデア次第。乗ってみれば、なぜ世界中から愛されているのか、それが分かるかもしれない。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

ヤマハ

ヤマハ

スズキ

スズキ

スズキ

カワサキ

カワサキ

カワサキ