HISTORY ~時代を彩ったバイクたち~

ホンダ CT125・ハンターカブ(2020)の基本情報

お気に入りの場所で、ソロキャンプ。そんな旅がしたくなる「CT125・ハンターカブ」

オンロードもフロードも楽しめて、冒険心を妙にくすぐるバイク。そんな1台が、2020年に登場した「CT125・ハンターカブ」。『アウトドアレジャーの移動手段として、楽しみをより一層拡げる機能性を備えたモデル』と謳うだけあり、単にタフなイメージを持たせたバイクというモノではない。

車体のベースとなっているのは、「スーパーカブC125」。リアフレームの延長、ヘッドパイプまわりの補強、ピボットプレートの追加などが施されている。アップマフラーやアンダーガードも採用され、最低地上高は165mmを確保。フロントフォークのストローク量は110mm。街乗りから林道まで、幅広い走行状況に対応できる仕上がりだ。

ネットでCT125の動画を探すと、山ほど見つかる。道や場所を選ばず、標準で大型のリアキャリアが装備されていることから、時には荷物をどっさり積んで走り回るCT125。それらを見るだけでも、用途の広さや使い勝手の良さが分かる。燃料タンクは5.3リットルと、やや小さく感じるかもしれないが、燃費消費率はWMTCモード(クラス1・1名乗車時)で67.2km/リットル。単純計算すると、1回のガソリン満タンで走れる距離は350km以上。このあたりは、さすがスーパーカブの系譜だ。1か月にさほど距離を乗らない人だと、「ガソリン入れたの、いつだったか…」となるはず。ガソリンがかなり減った状態で山奥にでも向かわない限りは、ガス欠でストップという事態にはならないだろう。

CT125は、「これでソロキャンプに行ったら楽しいだろうな」「ちょっと時間があるし、フラッと少し走ってこようかな」など、感情に訴えかけてくるバイク。最高速度がどう、コーナリングの深さや安定感がどうとか、そういう視点で語るものではない。高速が使えなくても、排気量の大きなバイクに追い抜かされても、気にしない。のんびりと、自分の時間を楽しむ。そんなバイクライフを楽しみたい人に、おすすめしたい1台だ。

  • このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中のホンダ CT125・ハンターカブ

掲載中の車両は、ありません。

アクセスランキング

総合ランキング

メーカー別ランキング

ホンダ

ホンダ

ヤマハ

スズキ

カワサキ

カワサキ