CB1000 SUPER FOURの歴史|No:011||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) CB1000 SUPER FOUR

historyfileNo:011

CB1000 SUPER FOURの歴史

92年

発売開始

「プロジェクトBIG-1」コンセプトを基に開発された、ネイキッド・ロードスポーツバイクのフラッグシップモデル。ベーシックなスタイリングながら堂々たる車格で、個性と存在感のあるものとなっている。まさに「新しい時代にふさわしいホンダのロードスポーツモデルはどうあるべきか?」の答えが見えるモデル。

94年

マイナーチェンジ

伸び側/圧側とも各4段の減衰圧調整機構付きリアショック、エンジンへの熱風制御版、ハザードを追加し、PGM-IGを変更。各所をブラックアウトし、ステアリングマウントのABS樹脂製ビキニカウルが装着された「T2」も同時にラインナップ。

98年

フルモデルチェンジ CB1300 SUPER FOUR

「CB」の名はそのままにフルモデルチェンジ。X4ベースの1300ccエンジンを搭載。車体回りの見直しによるポジションの改善、前後17インチ化、前後足回りの変更などでポテンシャルが格段に向上し、スポーツライディングでもコントロール性に優れた走りを実現。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示