シャドウACEの概要|No:144||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) シャドウACE

historyfileNo:144

“クラシック”というカスタムスタイルを提唱した「シャドウACE(SC32)」

ホンダが提唱する「スピリット・オブ・ザ・フェニクス」というカスタムモデルのコンセプトをもとに、アメリカホンダが造り上げた本格的カスタムモデルが「シャドウ・アメリカン・クラシック・エディション(シャドウACE)」である。当時のアメリカンモデルといえば、スティード、ビラーゴ、イントルーダー、バルカンに代表されるような細く大径のフロントホイールに、プルバックハンドルといったタイプが主流だったが。そこに登場してきたロー&ロングのフォルムのシャドウACEは、新たなアメリカンのスタイルの先駆者と言っても過言ではない。鞍型の大型シート、幅広のワイドハンドル、ティアドロップタンク、フロント18インチの太目のタイヤなど、これらは後に登場するシャドウ750やシャドウ400にも受け継がれ、今となっては「アメリカン」といえばこのクラシックスタイルが先に思い浮かぶ方も多いだろう。

搭載されたエンジンは水冷SOHC3バルブ45度Vツイン2気筒1100cで、48psと最高出力は控え目だが、2500rpmという低回転で8.7kg-mという力強いトルクを生み出している。一次振動を打ち消す位相クランクをやめ、鼓動感を引き出す同軸クランクを採用することで、不快な振動はなくVツインのフィーリングを楽しめる。同時期に登場し、パフォーマンスを重視したV4のマグナ750とは対照的である。1998年には55psにパワーアップし、ディープフェンダーやフィッシュテールマフラーを採用してレトロなスタイルとしたシャドウエアロも追加ラインアップ。2001年に近未来的なVTX1800(SC46)が登場すると、シャドウシリーズは750ccと400ccに絞り込まれることになった。750ccでは少々物足りないが、VTX1800ほどの大きさは不要。そんな方には1100ccのシャドウACE、またはハイパワーなシャドウエアロがピッタリのはずだ。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示