X11の概要|No:009||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) X11

historyfileNo:009

新世代のリッタークラス・スーパーネイキッドが「X11・エックスイレブン(SC42)」

X11

新世代のリッタークラス・スーパーネイキッド

X11・エックスイレブン(SC42)の前に、ベースとなったCBR1100XX・スーパーブラックバード(SC35)について見ていきたい。直列4気筒スポーツの頂点として初代が登場したのが1996年後半。この時、ネイキッドモデルのCB1000SF、ツアラーのCBR1000F、そしてレプリカのCBR900RRがラインナップしていたが、これらを超越した存在として位置づけられたモデルだった。実際、最速ツアラーとうたわれたカワサキZZ-R1100に対抗できるポテンシャルを有し、後にスズキ・GSX1300Rハヤブサが登場するものの、インジェクション化などを経て、10年以上の息の長いモデルとなっている。

端的に言えば、このCBR1100XXのネイキッドモデルがX11となるわけだが、こういった「フルカウルモデルがあり、それをベースとしたノンカウルモデル(ネイキッドモデル)」を登場させる手法は、1980年代後半から1990年代前半の400ccクラスに見られた流れと似ている。CBR400RRに対するCB-1、他メーカーで例えると、スズキのGSX-R250Rに対するコブラ、カワサキのZXR400に対するザンザスなどが思い浮かぶはずだ。レプリカの性能はほぼそのままに、カウルをなくした「裸(ネイキッド)」のスタイルが、リッタークラスでも主流になっていくことを2000年に登場したX11が示していると言える。

X11のエンジンは、CBR1100XXのデュアルバランサーに対し、1軸バランサーに変更され、5速ミッションの採用や、ラムエアの廃止などで低中速向けのセッティングとなり、最高速の「最速」ではないものの、日本国内のワインディングロードではブラックバードよりもX11のほうが上手という見方もある。センターピボット方式やリンクレスリアショックの採用、前後連動ブレーキなど、足まわりにも特徴があり、発売期間こそ短かったものの、「面白そうだ!」と思わせるスーパーネイキッドの存在が選択肢の幅を広げてくれたのは事実だ。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示